東京都江東区とその周辺を拠点として,人と自然の共存をキーワードに活動するNPO法人

はじまり

ビオトープ(biotopeまたはbiotop)とは、
ビオ(bio=生き物)とトープ(topeまたはtop=空間)を組み合わせた
「生き物の生息空間」という意味の言葉で、ドイツで生まれました。
近年、日本でも失われた自然生態系の復元や身近な自然の再生を目的に、
各地でビオトープ作りが盛んに行われています。 

江東区では、「都市の中で、どれくらい多くの生き物が戻ってくるか」をテーマに
1988年に横十間川親水公園内にビオトープ実験区を設置したのが始まりです。
その後、この実験区を予想以上の生き物たちが利用していることがわかり、
1992年より「ポケットエコスペース」(Pocket Eco Space (PES))と名づけた
ビオトープ作りが進められてきました。
そして、現在、公園や小学校を中心に約40箇所のエコスペースが整備されています。

senbori.jpg

私たちと一緒に
活動しませんか?

新入会員いつでも募集中!
詳しくは
こちら

023.gifお問合せ・お申込みメール
info☆nlkoto.sakura.ne.jp
(☆を@に変換ください)

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31