東京都江東区とその周辺を拠点として,人と自然の共存をキーワードに活動するNPO法人

外来生物とは?

 外来生物とは、他の地域から人為的に持ち込まれた生物のことです。国内の生物でも他地域から持ち込まれたものであれば外来生物(国内外来生物)になります。外来生物は、在来の動植物を捕食したり、餌や繁殖場所などの生息環境を奪うことで生態系のバランスを崩す可能性があります。また在来種との交雑により遺伝子を撹乱させる恐れもあります。
 特に生態系への影響が大きい種や、人の生活に大きな影響を及ぼす種を「侵略的外来種」と呼びます。環境省は2004年に「外来生物法」を公布し、このような外来生物を「特定外来生物」に指定して取扱いを規制しています。また、規制はありませんが、生態系への影響を及ぼしうるものは「要注意外来生物」に指定して注意を呼び掛けています。

※「特定外来生物」を野外に放したり、運搬、飼育などを行うことは禁止されています。違反した場合、内容によっては非常に重い罰則が科せられます。

私たちと一緒に
活動しませんか?

新入会員いつでも募集中!
詳しくは
こちら

023.gifお問合せ・お申込みメール
info☆nlkoto.sakura.ne.jp
(☆を@に変換ください)

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31