東京都江東区とその周辺を拠点として,人と自然の共存をキーワードに活動するNPO法人

ビオトープにおける保全管理の手順

ネイチャーリーダー江東が管理を行っているビオトープの一つ「荒川下流ポケットエコスペース」では、定期的に勉強会を開催しながら、市民で目標とする植生と計画を決めて管理作業を行っています。

手順としては、まず植生の見た目(相観植生)から現在の植生を表した現況植生図を作成します。
次に、現況をもとに将来どのような植生にしたいか検討して、目標植生図を作成します。
そして、現況と目標の植生図を比較して、そのギャップを埋めるための管理計画を立てます。
そのあとは、計画をもとに管理作業を行い、その成果をモニタリングし、目標や計画を見直していきます。

以下に、相観植生図→現況植生図→目標植生図→管理計画表の作成手順を示します。

1.相観植生図の作成

相観植生図とは、植生の見た目に注目してそれを図化したものです。

まず、植生の見た目から植生タイプの範囲(ポリゴン)を決め図面に記録します。

 soukan.jpg 相観植生図


次に、ポリゴンごとに植生タイプと草の高さを記録用紙に記入します。

 kirokuyousi.jpg調査記録用紙

 

2.現況植生図の作成

相観植生図のポリゴンごとに色を決めて塗ると、現況植生図の完成です。

現在の植生の状況が一目でわかるようになります。

genkyou.jpg現況植生図

 

3.目標植生図の作成

現況植生図をもとに、今後どのような環境にしたいのか話し合い、残したい植物や刈り取る植物などを決めていきます。

mokuhyou1.jpg目標植生図作成の考え方

 

そして、管理の目標とする植生を決めて色で塗り分け、目標植生図を作成します。

mokuhyou2.jpg目標植生図

 

(注)調査地内に生育する植物種をリストアップし、植物相を把握するフロラ調査というのがあります。目標植生図を作成する前にフロラ調査を実施する予定でしたが、雨天で実施できませんでした。フロラ調査は改めて実施する予定です。

 

4.保全管理の計画づくり

現在の状況(現況植生図)と将来の目標(目標植生図)のギャップを埋めるため、
どのような管理をすればよいのか検討します。
そして、ポリゴンごとの管理方法と年間スケジュールを決め、管理計画表を作成します。

kannrikeikau.jpg管理計画表 

私たちと一緒に
活動しませんか?

新入会員いつでも募集中!
詳しくは
こちら

023.gifお問合せ・お申込みメール
info☆nlkoto.sakura.ne.jp
(☆を@に変換ください)

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31